簡単なしつけ

犬を飼うことになるとしつけが必要になります。曲芸を覚えたり高度なことをさせる必要はないですが日常生活を犬と一緒に暮らす上では簡単なしつけを教えないといけません。しつけといっても本当に基本的なことなので人間の子供でも犬をしつけることはできます。逆に言えば犬はそれだけ利口だということです。お座りとお手はすぐに理解していうことを指示に従うようになります。飼い主と犬との主従関係がしっかりとはっきりとしていれば「お座り」と言って腰の方を少し押すと自然とお座りをするようになります。かしこい犬だと数回で理解して言葉でお座りと言うだけでできるようになります。「お手」も人間の方からも手を差し出すので比較的簡単に犬も理解できるようです。この延長で「待て」や「伏せ」などもできれば犬が無用な動きをしようとするときに制止できます。犬は褒められることが好きなのでしつけがしっかりできた時はきちんと頭や体をなでてあげたりご褒美のえさをあげたりして褒めることが大切です。