犬のしつけの楽しさ

私は以前に実家で犬を飼っていました。
家の庭に迷い込んだ犬だったのですが、そのまま飼う事になり、雑種の中型犬だったのですが、15年間くらい一緒に暮らしました。

犬は本当に賢いなと思いました。
うちの犬はバカ犬とばかり思っていたのですが、今思えば、ちゃんとお座りやお手とおかわりは覚えてくれていたので、何もできない犬に比べたら賢かったんじゃないかなと思います。

やはり、しつけをしないと中々賢くはなりませんね。
最初にその3つのしつけを仕込んだんですけど、中々覚えてくれなくて大変でした。
そのせいか、いつも通う犬の無麻酔歯石除去でもおとなしくしてくれていました。

とにかくお座りと言ったら、腰を押して座らせたり、行動をとにかく覚えて貰おうと最初は無理やりしていました。
でも、そのうちちゃんとお座りと言えば、腰を落として座ってくれるようになった時は、本当に嬉しくて感動しました。
何度もさせて、家族皆で喜んだり、赤ちゃんが立てるようになった時のような感じです。

とにかくちゃんと、お座りをしたらご褒美にジャーキーをあげるようにしました。
そうしていたら、ちゃんと次に覚えさせるお手とおかわりは、ジャーキー欲しさか、早めに覚えてくれる事が出来たので良かったです。

最終的に待てを覚えさせたかったのですが、食い意地だけは凄く、どうしても待てない犬だったので、
何度もチャレンジしましたが待ってくれませんでした(笑)

世界水準で犬を家族に迎え入れる大切さ 0

犬が家族になる幸せを手に入れられるのは、きちんとした知識を持ち、命を大切にするという当たり前のことを当たり前に考え実行できる人だけであってほしいと切に願います。

今までに私はシーズーを飼っていました。かかりつけの獣医さんによって方針は違うと思いますが、我が家では「短い人生」なのだから、健康でいられるように愛情を込めて手づくりの食事を食べさせていました。

大病をすることもなく、毎日嬉しそうにご飯を食べる愛犬を見るのは、家族にとってとても幸せなことでした。そういった家族として犬の人生を充実させられる人たちに迎えられる犬は幸せだと思います。

最近では簡単にペットショップや酷い時にはネット上で犬を購入できる時代になり、悲しいニュースが絶えません。

もちろん正しい方法で犬のことを考えていらっしゃるブリーダーがほとんどだと思います。ですが、海外のようにもっと規制をかけて「店頭ではペットは買えない」という仕組みをそろそろ日本も検討していく時期にきていると感じます。

NPO団体や地域の保健所などでもいろいろな取り組みをしている方々も大勢いらっしゃいます。

それでも追いつかないほどのスピードで自分のペットが邪魔になったからといって捨ててしまう。そういう悲しいニュースが無くなるためにも、一人ひとりの意識と知識を高め、国が動物に対する制度を確立させていくべきだと思います。その上で、とても充実した犬との生活を楽しめる空間や機会あ増えていくことを切に願います。

愛犬がいつもと違う動作をするときは要注意 0

愛犬の健康管理には気を付けているつもりでも、つい見落としてしまうこともあります。犬の様子が日頃と違うときには何か病気が潜んでいることもあります。
例えば犬がいつもよりガブガブと水を飲むときは、メス犬の場合は子宮蓄膿症が疑われます。また肥満している犬なら糖尿病の疑いもあります。
また犬がしきりに頭をふるときは、耳の病気のサインといえます。外耳炎や耳かいせんなどが疑われます。かゆみも強いのでしきりに耳の後ろを掻いたり、頭をふったりするのです。
犬に目やにが多いときはよく拭いてあげますが、目に炎症があって、結膜炎や角膜炎などの可能性もあります。
犬がやたらにおしりを地面にこすりつけるときには、肛門の異常があるかも知れません。肛門周囲炎や肛門真炎、肛門周囲腺炎などが考えられます。
またおしっこの色がおかしいときには、様々な病気が潜んでいる場合が多いです。色やにおいや回数などに異常が見られたら、それを具体的に記録して病院で診てもらう必要があります。
かわいい愛犬には健康で長生きしてもらいたいですね。犬の行動がおかしかったら、いち早く気付いて適切な処置をしてあげましょう。

日本を代表する柴犬の魅力

日本の犬と聞いて、日本人なら柴犬を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。小粒で素朴、可愛らしく格好いい柴犬は、日本らしさを体現した犬です。
柴犬はかつて、猟犬として飼われてきました。縄文時代の遺跡から出土した埴輪の中に柴犬に良く似たものがあり、この時から柴犬の祖先は我々と共に暮らしてきたことが伺えます。江戸時代までは洋犬が日本に入ってこなかったので純血が保たれていたのですが、明治時代以降洋犬との混血が進み、一時は絶滅に近いほど純粋な柴犬の数が減ってしまったそうです。そして、柴犬を保存するためにスタンダードが制定され、昭和十一年には天然記念物に指定されたそうです。その後も戦争の影響で数が激減しましたが、多くの愛好者に支えられて現在に至っています。ちなみに、柴犬はあらゆる犬種の中で一番オオカミに近い遺伝子を持っているそうです。柴犬の野性味あふれるその容姿に納得ですね。
柴犬の性格は、一言でいうと忠実です。しかし飼い主や家族以外に心を許さないので、散歩の時などに他の犬に吠えてしまうこともしばしばです。このように縄張り意識が強いため、番犬には最適です。また、柴犬は非常に賢いのですが、命令しても自分が納得しないと動かないといったように、頑固な部分もあります。猫のように自分の意志が強いといえます。とはいえ、柴犬は性格の個体差が比較的大きいので、洋犬のようにフレンドリーだったり、大人しい性格の子も少なくないようです。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !