世界水準で犬を家族に迎え入れる大切さ 0

犬が家族になる幸せを手に入れられるのは、きちんとした知識を持ち、命を大切にするという当たり前のことを当たり前に考え実行できる人だけであってほしいと切に願います。

今までに私はシーズーを飼っていました。かかりつけの獣医さんによって方針は違うと思いますが、我が家では「短い人生」なのだから、健康でいられるように愛情を込めて手づくりの食事を食べさせていました。

大病をすることもなく、毎日嬉しそうにご飯を食べる愛犬を見るのは、家族にとってとても幸せなことでした。そういった家族として犬の人生を充実させられる人たちに迎えられる犬は幸せだと思います。

最近では簡単にペットショップや酷い時にはネット上で犬を購入できる時代になり、悲しいニュースが絶えません。

もちろん正しい方法で犬のことを考えていらっしゃるブリーダーがほとんどだと思います。ですが、海外のようにもっと規制をかけて「店頭ではペットは買えない」という仕組みをそろそろ日本も検討していく時期にきていると感じます。

NPO団体や地域の保健所などでもいろいろな取り組みをしている方々も大勢いらっしゃいます。

それでも追いつかないほどのスピードで自分のペットが邪魔になったからといって捨ててしまう。そういう悲しいニュースが無くなるためにも、一人ひとりの意識と知識を高め、国が動物に対する制度を確立させていくべきだと思います。その上で、とても充実した犬との生活を楽しめる空間や機会あ増えていくことを切に願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です