日本を代表する柴犬の魅力

日本の犬と聞いて、日本人なら柴犬を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。小粒で素朴、可愛らしく格好いい柴犬は、日本らしさを体現した犬です。
柴犬はかつて、猟犬として飼われてきました。縄文時代の遺跡から出土した埴輪の中に柴犬に良く似たものがあり、この時から柴犬の祖先は我々と共に暮らしてきたことが伺えます。江戸時代までは洋犬が日本に入ってこなかったので純血が保たれていたのですが、明治時代以降洋犬との混血が進み、一時は絶滅に近いほど純粋な柴犬の数が減ってしまったそうです。そして、柴犬を保存するためにスタンダードが制定され、昭和十一年には天然記念物に指定されたそうです。その後も戦争の影響で数が激減しましたが、多くの愛好者に支えられて現在に至っています。ちなみに、柴犬はあらゆる犬種の中で一番オオカミに近い遺伝子を持っているそうです。柴犬の野性味あふれるその容姿に納得ですね。
柴犬の性格は、一言でいうと忠実です。しかし飼い主や家族以外に心を許さないので、散歩の時などに他の犬に吠えてしまうこともしばしばです。このように縄張り意識が強いため、番犬には最適です。また、柴犬は非常に賢いのですが、命令しても自分が納得しないと動かないといったように、頑固な部分もあります。猫のように自分の意志が強いといえます。とはいえ、柴犬は性格の個体差が比較的大きいので、洋犬のようにフレンドリーだったり、大人しい性格の子も少なくないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です